*東京大人の読書会* BCBG BOOK PARTY

良質な文芸書を味わって読む、大人のための、親密な読書会です。

カテゴリーアーカイブ: 合宿

*東京大人の夏合宿*2013

「文学の話はやめてもらいましょう!
文学が何を与えてくれますかい? うるわしい性格の人物ですかい?
うるわしい性格の人物などがどうなりますかい?
私は実社会の人物ですがな、 実社会ではうるわしい性格の人物などほとんどいませんでな。」

◆課題本 トーマス・マン 『魔の山』 (岩波文庫/新潮文庫)

みんなで読めば、こわくない。

いらっしゃいませサナトリウム合宿。
東京大人の夏合宿、今年は奥多摩の山の中にみんなでお篭り!
みんなが挫折した(かもしれない)あの「魔の山」に挑む日がやってまいりました。
風邪ひいても結核になっても!山から出られなくなっても!みんなで過ごせばこわくない!

◆日程:2013年 09月 21日(土) ~ 23日(祝) 3日間 (7年かも?)

「食卓には、マーマレードと蜂蜜の壺、ミルクいりの米飯とオートミールの鉢、いりたまごと冷肉の皿が出ていた。バターはゆたかに出されていたし、鐘形のガラスのふたを取って、しっとりしたスイス産のチーズを切りとっている人もあった。そのほかに、新鮮な果物とほした果物をもった皿が、食卓の中央に置かれていた。」

◆定員 10名 (男性5名・女性5名)

オール自炊の二泊三日で、ゴージャスな食事シーンを再現。1日5回の立派な食事?
バルコニーで毛布にくるまる昼寝タイム?食事と昼寝と議論の三つ巴。
さあさ、教養が無いと、ここの社交においていかれるよ!

◆場所:クラインガルデン野良坊(なにげにドイツ語) http://www.youzawa.or.jp/

★持ってくるもの

  • 課題本
  • 関連本
  • 朗読本
  • みんなで食べたい美味しい食べ物(持ち寄り必須)
  • 本の読了
  • 教養主義
  • 鉛筆

◆会費 25,000円程度 交通費別途(各自)

「きっとあなたはこちらよりも患者としては模範生になられるでしょう。そうらしい。つまり、みなさんが患者としてものになるかならないか、それは一目見ればわかる。患者になるのにも才能を要しますからな。なにごとにも才能は大切だが。ところが偉丈夫には爪の垢ほども患者たるの天分がない」

ご参加お待ちしております。

【参加条件】
メンバー把握のため正規の読書会に一回以上ご参加していただいた方とさせていただきます。

広告

第27回 『一九八四年』 ジョージ・オーウェル

ディストピアを堪能する東京大人の夏合宿!(秋かもしれない)
国家とは、組織とは、言語とは。 幻想か、風刺か、SFか?

1948年に描かれた1984年。
すでにその年も通り過ぎたわたしたちに、いま映るこの世界は、果たして過去か、未来なのか。

◆課題本:ジョージ・オーウェル 『一九八四年』 (翻訳指定なし)

初合宿。夏合宿。場所は大島。いちおう東京都です。
東京竹芝からジェット船で2時間くらい。 http://www.tokaikisen.co.jp/

◆日程: 2012年09月29日(土)~30日(日) 一泊二日

◆宿泊場所: 大島温泉ホテル http://www.oshima-onsen.co.jp/

◆宿題: 課題本の関連本を2冊以上ご持参のこと。こじつけ歓迎。

◆合宿内容(予定):
他己紹介、課題本読書会、関連本プレゼン、朗読ミッドナイト、過去の課題本スペシャル

春樹『1Q84』の元ネタになったこの本、読んだ人も、読んでない人も。
昼から夜まで朝まで?読書会。
夏をしめくくる読書会ディストピア祭り。関連本ひとり2冊もってくるべし!
深夜の朗読カラオケは希望者が率先してマイクを奪い合ってください。いや、アカペラで。
翻訳指定なしですが、新訳の高橋訳よみやすい!おすすめです。

★参加条件
メンバー把握のため、過去の読書会に1回以上ご参加された方とさせていただきます。

#募集は締切りました。