*東京大人の読書会* BCBG BOOK PARTY

良質な文芸書を味わって読む、大人のための、親密な読書会です。

第77回 『灯台守の話』ジャネット・ウィンターソン

「どうせあたしが生まれたっていうだけで怒ってるのよ」
「なに、それはお前が悪いんじゃない。生まれたことが子供の落ち度でなんぞあるものか」
「生まれるって、不幸なことなの?」
「生まれてきたことを悔いちゃならん。そうでなくとも人生はあっという間に過ぎちまうんだ」

◆課題本:『灯台守の話』ジャネット・ウィンターソン(白水uブックス)
https://www.amazon.co.jp/dp/4560071756

スコットランドの港町で母を亡くし孤児となった十歳の少女シルバー。彼女を引き取ったのは、二百年以上生きているという盲目の灯台守ピュー。彼女は灯台守見習いとして、この不思議な老人と灯台で暮らし始める。
灯台守の仕事は、光を守ることと、物語を語ること。夜ごとシルバーはピューの話に耳を傾け、百年前この町に生きた牧師ダークの数奇な人生の物語を知る。ダークは聖職者でありながら妻を苛み、再会したかつての恋人と別の町で睦みあう、二重生活者だった。
やがてシルバーはダークの日記を携え「真実の愛」を求めて旅に出る。険しく美しい海と灯台を背景に、シルバーとダーク、二つの魂の遍歴の物語が、響きあい、交差していく。

◆日時: 2017年07月29日(土) 17:30頃 (会場の店に準ずる)
会場のお店OPEN時間により若干の開始時間が変動します。参加者には別途ご案内します。(18時前後の予定)

◆会場: 東京都 江東区
東京メトロ東西線/都営大江戸線 門前仲町駅周辺の飲食店

◆会費: 6,000円  (当日払い) 飲食込

お申込みはこちらから *満席になりました*

*東京大人の読書会*は、世界中の良質な文芸作品を味わって楽しむ読書会です。毎回、初めての方、常連の方、お久しぶりの方、いろんな方々がいらっしゃいます。

課題本だけでなく、読書会の後半には本の紹介タイムも設けております。課題本に関係ある本、最近読んだ本、今カバンに入っている本、さきほど書店で買ってきた本など、自己紹介の代わりにもなりますので是非お好きな本もご持参ください。同じ作家がお好きな方もいらっしゃるかもしれません。

当読書会は、少人数で親密に本の話を楽しむことを趣旨としております。会場は下町の小さな飲食店を予約しております。ご連絡がなくキャンセルされた方は、恐れ入りますが次回の参加をご遠慮いただく場合がございます。ご了承くださいませ。

参加者の方々と本のお話ができるのを楽しみにしております。

広告

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。