*東京大人の読書会* BCBG BOOK PARTY

良質な文芸書を味わって読む、大人のための、親密な読書会です。

月別アーカイブ: 8月 2012

第27回 『一九八四年』 ジョージ・オーウェル

ディストピアを堪能する東京大人の夏合宿!(秋かもしれない)
国家とは、組織とは、言語とは。 幻想か、風刺か、SFか?

1948年に描かれた1984年。
すでにその年も通り過ぎたわたしたちに、いま映るこの世界は、果たして過去か、未来なのか。

◆課題本:ジョージ・オーウェル 『一九八四年』 (翻訳指定なし)

初合宿。夏合宿。場所は大島。いちおう東京都です。
東京竹芝からジェット船で2時間くらい。 http://www.tokaikisen.co.jp/

◆日程: 2012年09月29日(土)~30日(日) 一泊二日

◆宿泊場所: 大島温泉ホテル http://www.oshima-onsen.co.jp/

◆宿題: 課題本の関連本を2冊以上ご持参のこと。こじつけ歓迎。

◆合宿内容(予定):
他己紹介、課題本読書会、関連本プレゼン、朗読ミッドナイト、過去の課題本スペシャル

春樹『1Q84』の元ネタになったこの本、読んだ人も、読んでない人も。
昼から夜まで朝まで?読書会。
夏をしめくくる読書会ディストピア祭り。関連本ひとり2冊もってくるべし!
深夜の朗読カラオケは希望者が率先してマイクを奪い合ってください。いや、アカペラで。
翻訳指定なしですが、新訳の高橋訳よみやすい!おすすめです。

★参加条件
メンバー把握のため、過去の読書会に1回以上ご参加された方とさせていただきます。

#募集は締切りました。

広告

第26回 『蝿の王』 ウイリアム・ゴールディング

「お前はそのことは知ってたのじゃないのか?
わたしはお前達の一部なんだよ。お前たちのずっと奥の方にいるんだよ、
どうして今のようになってしまったのか、それはみんなわたしのせいなんだよ」

◆課題本 ウイリアム・ゴールディング 『蝿の王』
少年たちを乗せた飛行機が無人島に不時着する。
あるものは肉を求めて狩りをし、あるものは救助のために狼煙をあげる。
大人のいない世界で、子供たちだけがつくり上げる手探りの秩序とは。
無邪気な残酷さに戦慄する一冊。

ゴールディングは1983年ノーベル文学賞受賞の作家。

夏合宿ディストピア祭りへの助走です!(課題本の候補でした)
あまり明るくない作品ですが、価値ある読書体験になるかと思います。

◆日時: 2012/09/15(土) 夕方から

◆会場: 東京都 江東区 門前仲町(予定) 一週間前までに告知します。

◆会費: 6,000円くらい

★課題本の読了が参加条件です。過去に既読の方も、開催までに再読ください。
読まれた本をご持参くださいませ。

★参加者のみなさんへ。
課題本の他に、貴方がご紹介したい本もお持ちください。
テーマに関係ある本、ない本、さいきん読んだ本、いま読んでいる本、これから読む本でもOKです。
(読書会の後半に紹介本コーナーの時間を設けています)

第25回 『朗読者』 ベルンハルト・シュリンク

「読んでみて!」
「自分で読みなよ。持ってきてあげるから」
「あんたはとってもいい声をしてるじゃないの、あたしは自分で読むよりあんたが読むのを聞きたいわ」
「声がいいかどうかなんてわからないよ」・・・

◆課題本 ベルンハルト・シュリンク 『朗読者』 http://amzn.to/hbza8Z

病弱な少年を介抱してくれた女性、ハンナは逢瀬のたびに本の朗読をせがむ。
法科の学生となった青年の前に再び現れた彼女の、その過去とは。
戦後のドイツが背負いつづける戦争の責任。誰が当事者で、傍観者なのか。
20カ国以上で翻訳された、世界的ベストセラー。

◆日時: 2012/08/18(土) 夕方から

◆定員: 8名

◆会費: 6,000円くらい

◆会場: 下町ビアホール ガブリエ ドイツやベルギービールが豊富なお店です。

「わたしは大人たちに対しても、他人がよいと思うことを、
自分自身がよいと思うことより上位に置くべき理由はまったく認めないね」

「もし他人の忠告のおかげで将来幸福になるとしても?」

「わたしたちは幸福について話しているんじゃなくて、自由と尊厳の話をしているんだよ」

★課題本の読了が参加条件です。過去に既読の方も、開催までに再読ください。
読まれた本をご持参くださいませ。

★参加者のみなさんへ。
課題本の他に、貴方がご紹介したい本もお持ちください。
テーマに関係ある本、ない本、さいきん読んだ本、いま読んでいる本、これから読む本でもOKです。
(読書会の後半に紹介本コーナーの時間を設けています)