*東京大人の読書会* BCBG BOOK PARTY

良質な文芸書を味わって読む、大人のための、親密な読書会です。

月別アーカイブ: 12月 2011

第16回 『誠実な詐欺師』 トーベ・ヤンソン

◆課題本: 『誠実な詐欺師』 トーベ・ヤンソン

寒さ厳しい冬のフィンランド。
花柄のウサギを描く、裕福な画家。
村人から敬遠される賢い姉と、その純朴な弟。
画家に近づいていく、黄色い目をした彼女の目的は何か?

『ムーミン』シリーズの印象が強いトーベ・ヤンソン。
芸術家の家庭に生まれ、風刺画家として活躍。
ムーミンだけでなく、小説家としての作品も多く残しました。

登場人物の孤独な画家は、世界的ベストセラー「ムーミン」が成功したヤンソン本人を彷彿とさせます。

◆日程 2012年 01月 09日 (祝) 17:30~ (お店は17:30からオープンです)

*第一回目の須賀敦子の読書会と同じ会場です。

◆会場 トッポリーノ 門前仲町

新年会な気分でお越しください。近所の富岡八幡宮へ参拝もどうぞ。

◆会費 6,000円くらい

◆定員 6~8名

★課題本の読了が参加条件です。 既読の方も、開催までに再読ください。
読まれた本をご持参くださいませ。

★参加者のみなさんへ。
自己紹介代わりに、課題本の他に、貴方がご紹介したい本、をお持ちください。
課題本に関係ある本、ない本、さいきん読んだ本、いま読んでいる本、これから読む本でもOKです。

是非この機会に、お正月休みで満喫した本をご紹介ください!

広告

第15回 『ノルウェイの森』 村上春樹


「もっと素敵なこと言って」
「君が大好きだよ、ミドリ」
「どれくらい好き?」
「春の熊くらい好きだよ」
「春の熊?」と緑がまた顔を上げた。「それ何よ、春の熊って?」

◆課題本:『ノルウェイの森』(上)(下) 村上春樹

問答無用に日本で一番知られている100%の恋愛小説、
東京大人の読書会のメンバーには、果たしてどう読まれるのか?
春樹に思い入れのあるひとも、ないひとも、初めて読むひとも、何度も読むひとも。

この単行本が発売された年、上下巻で赤と緑の装丁に金の帯をかけて店頭に並べたところ、
クリスマスシーズンに飛ぶように売れたそうです。

春樹は売れすぎて有名になりすぎた感がありますが、
なぜこの本が多くの人々に読まれたのか。 なぜわたしたちはこの本を読んでしまうのか。
感想、感情、批判、考察、分析、陶酔から罵詈雑言まで、思いのたけをなんでもどうぞ。楽しくね。

クリスマスパーティ+忘年会もかねましょう。
ご無沙汰さんも、初めてさんも、もちろん常連さんも、遠慮なく。おいでませ。

◆日程 2011/12/23 (祝)
受付 17:30
開始 18:00 お食事は18時スタートです。

◆定員 12人 テーブルは2つに分けて、途中で席替えします。

◆場所 ラ・ネスタ 門前仲町

◆会費 6,000円 最初に徴収させていただきます。

★本のプレゼント交換を行います★
今年のあなたのベスト1の一冊を、ブックカバー or ラッピングしてご持参ください。

今年1月から開設したこのコミュニティももうすぐ1年。
おかげさまでメンバーは50人となりました。

今年の素晴らしい出会いに感謝。
みなさんご一緒に、楽しく年越ししましょう。

#定員になりました。