*東京大人の読書会* BCBG BOOK PARTY

良質な文芸書を味わって読む、大人のための、親密な読書会です。

第11回 『素粒子』 ミッシェル・ウェルベック

◆課題本  ミッシェル・ウェルベック 『素粒子』

憂鬱で、知的で、SFかもしれない。
終わらない夏、節電な日本、たるんだ時間にガツンとくる一冊を!

現代フランス文学の気鋭、ウェルベック。
世界30カ国で翻訳され、世界を震撼させた問題作、『素粒子』。
果たしてこの本は、21世紀を生きるわたしたちへの予言の書だったのか?

原文は仏語です。とっつきにくい本かもしれません。
なぜか独語で映画化されました。映画もどうぞ。

◆日時 2011年 9月 4日(日) 17~18時頃から

◆会場 ビストロ アギャット
東西線 門前仲町駅 (木場寄り) 2番出口
2番出口地上でるとヤマザキデイリーストア向かいの花屋沿いの歩道をまっすぐ
大衆酒場「魚三」、「オリジン弁当」あり、中華屋「ちょもらんま」前の横断歩道渡ってまっすぐ
歩道右手に炭火焼き「てっちゃん」(黄色い看板)、駐車場、フルーツパーラー「フルータス」の角右に曲がる
左手2件目に煉瓦色のビル、その先の角右手に和風作りのお店。
あんまりフレンチレストランには見えない外観ですが、そこです。

◆定員 8名

★課題本の読了が参加条件です。
既読の方も開催まで再読ください。
読まれた本をご持参くださいませ。

★参加者のみなさんへ。
自己紹介代わりに、課題本の他に、貴方がご紹介したい本、をお持ちください。
読んだ本、読んでいる本、これから読む本でもOKです。

#定員になりました。

広告

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。