*東京大人の読書会* BCBG BOOK PARTY

良質な文芸書を味わって読む、大人のための、親密な読書会です。

第9回 『眠れる美女』 川端康成 + 『わが悲しき娼婦たちの思い出』 G.ガルシア=マルケス

「満90歳の誕生日に、うら若い処女を狂ったように愛して、自分の誕生祝いにしようと考えた」

◆課題本
川端康成 『眠れる美女』
G.ガルシア=マルケス 『わが悲しき娼婦たちの思い出』

サマータイムを楽しむ読書の時間がやってまいりました。
今回は2本立てです。

川端はノーベル文学賞を受賞後、プレッシャーで作品を書けなくなった、と言われていますが
老いてなお盛ん(?)なマルケスは『わが悲しき娼婦たちの思い出』を上梓。

みなさん両作家の作品は、既にずいぶんと読んでいるかと思われますが
こんな2冊セットというこころみは如何でしょう。

◆日時  2011年 8月6日(土) 17~18時頃

◆会場 伍六 東西線 門前仲町駅 (木場寄り) 2番出口
2番出口地上でるとヤマザキデイリーストア向かいの花屋沿いの歩道をまっすぐ
大衆酒場「魚三」、「オリジン弁当」あり、中華屋「ちょもらんま」前の横断歩道わたる
立飲屋の角を歩道沿いに右に曲がる、すぐ次の角のやきとり「万俵」(黄色い看板)を左に曲がる
細い路地に入り、左手の4件目に木製の外観のお店。(隣に黄色いミニクーパー)

◆定員 8名

★2冊読了が参加条件です。
既読の方も、開催までに再読ください。

東京大人の読書会heavy readerのみなさま、
他の川端とマルケスの作品の話も聞かせてくださいな。

世界に認められる彼らの文章を、夏の宵に味わいましょう。

広告

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。